読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島レモンの避暑地

日常生活や就活、料理のことを主に書いていきます。

友達と仲直りしたい

こんにちは!島レモンです!

今日は旧友と久しぶりに集まりました。

 

メンバーは、

おげくん(ムードメーカー。ダチョウ倶楽部の「どうぞどうぞ」が好き)

みてくん(秀才。落ち着いてる。人当たりが柔らかい)

またくん(リーダー的存在。)

にあさん(一児のママ)

こみさん(酔うと、またくんの頭を殴る)

とささん(自由人。またくんの会社で働いてる)

島レモン(変人。)

 

 

幹事はめずらしく私が引き受けました。

テストが終わって落ち着いたこと、これから就活で忙しくなるのでその前に皆に会いたかったことなど、理由は様々ですが、

 

一番の理由は、一年前にケンカをしてしまいそのまま疎遠になってしまったこみさんと、仲直りがしたかったんです。

 

ケンカの原因は、距離感の違いでした。

私は、周囲の人から明るいってよくいわれてるんですが、

実は【浅く、薄く、広く】人付き合いをするタイプで、相手との距離が近くなってきたなと感じると自分から壁を作ってしまうというか、ある一定の距離を保とうとしてしまうんです。

 

【仲良くなる→嫌われたくない→すごく気を使ってしまう→疲れてしまう→遠慮がちになる→一定の距離を取ろう】

こんな感じです。

 

しかし、彼女は逆のタイプでした。

 

こみさんが「車で駅まで送ってあげるよ」と言ってくれたり、

私の家は学校から遠いので、「台風来るから、家泊まれば」と言ってくれたり、

「家族に紹介したいし、カラオケ一緒に行かない?」など、

誘ってくれる気持ちはとても嬉しいのですが、

私が遠慮の塊になってしまい、

「迷惑になるからいいよ」

「大丈夫だよ。」と

誘いを何度も断ってしまったために

「友達なのに、気使われたりするのって、なんか…だりぃわ」と言われ、そのまま口も聞くことなく疎遠になってしまったのです。

 

 

今回の集まりを企画するときに、こみさんにメールで

「私の態度によって嫌な思いをさせてしまったこと」

「もう一度仲良くなりたいと思っていること」

を伝えました。

電話はする勇気がなかったんです。

 

すると、

「ありがとう。参加するよ。やっぱり学校の友達っていいよね(*^-^*)」と返事をくれました。

 

そして、今日のことになりますが、

お店に行くまですごく緊張していたんです。

幹事なのに予約時間ギリギリに到着(;´Д`)

 

すると、こみさんが「久しぶりじゃね」と手を振ってお店の駐車場で待っていてくれました。

そのときに、気まずさやモヤモヤしていたものが溶けていきました。

 

しゃぶしゃぶやお惣菜の食べ放題のお店にしたんですが、おしゃべりしながら一緒に食材を取りに行きテーブルに運んだりしました。

 

その後は、おげくんが職場にいる変な人について語りだし、それに対してみてくんがツッコミをいれたり、

 

またくんは飲みすぎでベロベロになったり(笑い上戸っぽい)

 

にあさんの育児の話を聞いたり

 

とささんは、またくんの会社で働いているのですが、仕事の愚痴をいうもんだから、(上司が目の前にいるのに、そんなこと言っちゃっていいの!?)と皆で顔を見合わせたり、

 

こみさんは酔うと【またくんの頭を殴る】という前科(笑)があるため、とささんが「今日も殴ってやっていいよ」とけしかけたり、それを聞いたみてくんと私が驚いたり、

 

とささんが「店に入る前にまたくんが、「こみに、酒を飲まさんようにしようや」と不安そうに語っていたよ」とカミングアウトし、皆で大爆笑しました。

 

楽しい時間はあっという間に過ぎ、閉店時間とともに解散することに。

次回の約束も交わしました。

 

そして帰宅して、今に至ります。

勇気出して連絡を取って、本当に良かったと思いました!

 

それでは、また!(^^)/~~~